2012年06月02日

Operation Enduring Freedom / TACP

毎度更新が遅く申し訳ありません。

今日は、2009年7月にアフガニスタンにて撮影されたTACPのエアマンについて触れていきます。

アメリカ同時多発テロ事件以降、世界各地で展開された「不朽の自由作戦」。地上の兵士を守る近接航空支援の要のひとつが「空軍戦力を適切に誘導する資格」を持った兵士たちです。



上空で指示を待つ航空機と通信中のエアマン。

ABU上下に身を包んでいます。上着はMASSIF社製のコンバットシャツ。MASSIFのコンバットシャツは襟が無く、胴体部分も非常に薄手。夏場の着用に向いているように思います。

特徴的なのが肘の部分で、分厚いパッド構造になっているため、初めて着る時には少々違和感を覚えるかも知れません。



ポケットは上腕、下腕にそれぞれひとつ。ベルクロは元々付いていないため、肩などに追加で縫い付けている隊員も見かけます。

先の写真の話に戻りますが、ヘルメットにはACUのカバーを被せ、NOROTOSのオーソドックスなNVGマウント。そういえば、ABUのヘルメットカバーを着けている隊員をほとんど見かけません。ABUカバーの存在そのものは確認しているのですが、納入されていないのか、単に使わないだけなのか…。



アーマーはポイントブランク社製のIOTVでしょうか。ポーチ類を含め、日本でも入手可能な物ばかりかと思いますが、真似をするにはお財布事情的に少々ハードルが高いかもしれません。

さて、今回はこの辺で失礼します。結局、装備考察だけで終わってしまいました(汗)

近々、続きをアップします。





同じカテゴリー(ミリタリー)の記事画像
38th RESCUE SQ
意地の緊急参戦
USAF 131st. RQS
Mystery Ranch RATS PACK
To return to our subject
精密ミリフィグ日和 Pararescue Jumper 01
同じカテゴリー(ミリタリー)の記事
 38th RESCUE SQ (2013-04-01 23:27)
 意地の緊急参戦 (2012-12-27 00:48)
 USAF 131st. RQS (2012-12-16 18:07)
 Mystery Ranch RATS PACK (2012-09-12 00:00)
 To return to our subject (2012-08-17 01:09)
 精密ミリフィグ日和 Pararescue Jumper 01 (2012-08-12 17:50)

この記事へのコメント
お久しぶりですー。

画像のアーマーはBAEのRBAVのUCPカラーじゃなイカと思います。
肩パット周辺の形や、同時期の別のJTACなどの画像ではカマーバンドの形状も確認できるので…。

わざわざコメントしておいて、間違ってたらすみません…。
Posted by gpmgpm at 2012年06月07日 00:43
gpmさん毎度どうもー

私も真っ先にRBAVを思い浮かべたんですが、肩パッドの形状を見て頂くと背中へ向かって途切れることなく平らに伸びているのがお分かり頂けるかと思います。この形状と、背中から覗くインナーパッドから察するにIOTVかな、とも考察してみました。

ちなみに2枚目の写真の隊員はRBAVですね^^
Posted by ヨッシヨッシ at 2012年06月07日 02:04
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。